石狩データセンター開所式レポート第1回「記者発表会」

皆さん、こんにちは。広報担当の「し」です。

ご報告が遅くなりましたが、11月15日、ついに石狩データセンターの開所日を迎えました!当日は多くの関係者や報道陣をお招きして、記念式典や記者発表会、内覧会などの各種セレモニーを交えた開所式を大々的に行いました。既に、各種報道でその模様を目にされた方も多いかもしれませんが、あらためて当日の様子を詳しくレポートしたいと思います。まず、レポート第1回目は、記者発表会の様子を中心にお伝えします。

●石狩データセンターによって日本のITコストを世界標準にしたい!
オープン日の前夜には、札幌で観測史上3番目に遅い初雪が降りました。このことからも分かる通り、11月15日の石狩はかなり冷え込み、大粒の雪が舞う中での開所式となりました。そんな中、地元北海道はもちろんのこと、東京からも大勢の報道陣の方々が、石狩データセンターのオープンの瞬間をこの目で見届けようと訪れてくださいました。

受付

受付の様子です。お祝いのお花もたくさんいただきました。ありがとうございました。

まず12時半から、報道陣の皆さん向けに記者発表会を開催しました。記者発表会の会場は、未使用のサーバルームです。こちらには、いずれサーバラックが並びます。

記者発表会会場

未使用のサーバルームで記者発表会を行いました。

記者発表会では、冒頭で弊社と石狩データセンターの紹介VTRを上映した後、弊社代表の田中邦裕が登壇 して、あらためて弊社のビジネスの歩みと、今回石狩に新データセンターを建設するに至った背景について説明を行いました。

記者発表会

まずは、当社および石狩データセンター紹介VTRの放映です。

田中はまず、弊社が創業以来、IXに直結する都市型データセンターを志向し続けてきた結果、日本一のバックボーン容量を誇るデータセンター事業者にまで成長してきた歴史を紹介しました。ではなぜ今回、石狩という郊外の地に新たなデータセンターを開設しようと思い立ったのでしょうか? 田中は次のように説明します。

さくらインターネット 代表取締役 社長 田中 邦裕

さくらインターネット 代表取締役 社長 田中 邦裕

「東京と大阪に次々とデータセンターを増設してきましたが、サーバの台数があまりにも増えてしまったため、増設に次ぐ増設でデータセンターのスペースが足りなくなり、また十分なスキルを有する運用スタッフも不足してきました。さらには、莫大な投資と多額の地代家賃が膨らんできていることも大きな課題でした。そこで、こうした問題を一気に解決する手段として、郊外型の大規模データセンターのプロジェクトを立ち上げたのです」

新たな郊外型データセンターに求められる要件には幾つかのものがありましたが、そのうちの1つが「設備の拡張性」でした。サーバを増やしたいときに、いくらでも増やすことができる。そのような柔軟な拡張性を備えることが、新データセンターの必須条件でした。その点、今回新設した石狩データセンターには広大な敷地があり、かつ建屋も迅速に増設できるような設計になっています。敷地全体では8棟のデータセンター棟が建設可能ですが、今回オープンしたのはそのうちの2棟、1000ラック分です。しかも、着工から引渡しまで、わずか7カ月という驚くべきスピードで建設されました。

「変電設備と発電設備も、棟の増設に伴い順次拡張できるようになっています。つまり大きく拡張できるだけでなく、“すぐに”拡張できるということが石狩データセンターのコンセプトになっているのです」(田中)

また、データセンター建設に掛かる初期コストや、運用開始後に掛かる運用コストの削減も、石狩データセンターが掲げるコンセプトです。この点については、外気冷房システムを取り入れることにより、空調に掛かる電気代の大幅な節約に成功しています。またラックを増設する際にも、異なる場所にデータセンターを増設して設備を一気に増やすのではなく、広大な土地とスケーラブルな電力設備、そしてモジュール単位で順次ラックを増設できるアーキテクチャを採用することで、必要になった時点で少しずつ設備を増やしていくことができるようになっています。そのため初期コスト、運用コストともに、従来の都市型データセンターと比べると大幅に削減できるようになりました。

しかし、単にコストが低いだけでは、お客さまに高い品質のサービスは提供できません。常に、その時点での最新の技術を迅速に取り入れて、サービス品質に反映させていく必要があります。こうした点においても、石狩データセンターにはユニークな特徴が幾つか備わっています。その1つが、給電システムです。

「通常のデータセンターは電気室のスペースが狭いため、異なる方式の給電システムを複数備えることはできません。しかし石狩データセンターはスペースの制約が事実上ないため、従来のAC方式に加え、電力効率に優れるHVDC(高電圧直流)給電システムを設置することも可能です。このように柔軟に、常に新しい技術を取り入れられる点が石狩データセンターの強みの1つです」(田中)

さらに、データセンターは信頼性が高く、堅牢でなくてはいけません。特に東日本大震災以降は、データセンターの信頼性や堅牢性にユーザーのシビアな目が向けられています。この点においても、石狩という災害リスクの低い立地、2社の異なる電力会社からの2系統受電、複数キャリアの光ファイバー回線、非常用発電機とN+1構成のUPSの設備、そして最新の生体認証とカメラ監視によるセキュリティ対策と、万全の体制が敷かれています。

「石狩データセンターにより、日本のITコストを世界標準へ押し下げることを目指します」(田中)

「日本のITコストを世界標準へ押し下げることを目指します」(田中)

最後に田中は、石狩データセンターの新設によって今後目指すべき弊社のビジョンについて次のように語りました。

「私たちは、日本のITコストを世界標準にしたいと考えています。日本のデータセンターは、アメリカのそれと比べておよそ2倍のコストが掛かると言われています。しかし石狩データセンターは、従来型のデータセンターと比べ約半分のコストで建設・運用できます。すなわち、日本の企業や個人ユーザーが、アメリカと同レベルの費用対効果でデータセンターのサービスを利用できるようになるということです。これによって、私たちは日本のIT産業を世界に通用するものにしていきたいと考えているのです」

石狩データセンターレポート第2回は、テープカットと始動式についてお伝えします。お楽しみに!

はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 livedoorクリップに追加

「さくら石狩HVDCプロジェクト」石狩データセンターでの実証実験環境(コンテナ)完成!!

石狩データセンターが2011年11月15日に開所式を迎え無事オープンしましたが、建物のオープンと同じタイミングで、同敷地内にHVDC(高電圧直流給電)システムの実証実験環境(コンテナ)が完成しました。

開所式の模様は、当ブログにも後日詳細をご報告させていただきますが、一足先にHVDC(高電圧直流給電)システムのレポートをお届けします。

▼石狩データセンター HVDC実証実験環境(コンテナ外観)
HVDC実験用コンテナ

今回はサーバ搭載用ラック数が4ラック、約120台ものサーバを収容しており、都内データセンターでの実験環境に比べてはるかに大きな規模で構築しております。

▼石狩データセンター HVDC実証実験環境(コンテナ内部)
 HVDC実証実験環境(コンテナ内部)

消費電力の削減効果に関しては、すでに都内での実証実験の際に約3割削減できる数値が出ておりますので、今後はデータセンターとしてより実環境・実運用に近い状態で各種試験・測定を進めるとともに、季節に影響を受けずにサーバ機器類やサービスが安定稼働が出来るように、シーズンを通じて観察を進めていく予定です。

なお、今回は本システムでDC12V電源を利用しているということで、コンテナ内の照明にもDC12V対応のLEDを使用しており、サーバ機器類以外にも省エネ効果をはかっております。

▼DC12V電源によるLED(カラー)照明
DC12V電源によるLED(カラー)照明
※ラックのフレームにはこんなカラフルな照明もできました(笑)

すでにデータセンター関連事業者や各種メディア等には着目をいただいておりますが、今回のHVDCシステムの構築~運用のベースを本プロジェクトにおいて築き上げ、今後はデータセンター業界全体へHVDCシステムを広めていけるように邁進させていただきたいと思います。
(石狩プロジェクト担当「うま」)

はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 livedoorクリップに追加

石狩データセンター2011年11月15日にオープン!

建設発表から約1年5ヶ月、着工から約8ヶ月、石狩データセンターが11月15日に、ついにオープンいたします。
一時は、東日本大震災の影響でオープンが遅れるのではないか?と心配することもありましたが、関係各位のご尽力のおかげで予定通り無事に竣工しました。ありがとうございました。まだ、設備の詳細は公開できませんが、今回は外観に焦点をあて、その姿を皆様にいち早くお見せしたいと思います。

▽第一期工事で完成した1号棟と2号棟の外観です。
石狩データセンター外観(1号棟と2号棟)
奥(左側)が1号棟で手前(右側)が2号棟です。中央部が事務所になっています。2棟あわせると最大で1,000ラックまで対応可能です。オープン時には200ラックからスタートし、ラックの埋まり状況をみつつ増やしていく予定です。1号棟と2号棟の大きさは、長辺が約165m、短辺が37m、高さが13.5mあります。

▽正面入り口(昼バージョン)石狩データセンターエントランス(昼バージョン)

 

▽正面入り口(夜バージョン)石狩データセンターエントランス(夜バージョン)

 

▽建物の四隅の一角です。屋根のアールと建物の長さがよくわかります。

▽引いてみると、こんな感じです。

▽建物側面に正対してみるとこんな感じです。

▽正面入り口を真っ正面から。何気ない空間ですが、データセンターの玄関として重要な機能を有しています。

▽建物裏側です。夕日を浴びて外壁が色づきます。

▽同じく建物裏側。屋根と外壁が見事な黄金色に。高い建物がまわりにないため夕日が遮られることがありません。北海道・石狩の雄大さをどことなく感じさせる光景です。

建物自体は独特の形状である点や長大な点が目を引きますが、これらは単に意匠を優先させたものではなく、外気空調に代表される諸々の仕組みを建物と融合して実装した、いわば機能美をも感じさせる建物であることを強調せずにはいられません。

11月15日には、開所式を行う予定です。式後にはレポートを掲載予定ですのでお楽しみに!

設備担当「か」&広報担当「し」

はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 livedoorクリップに追加

石狩データセンターの現地工事状況(その3)

今秋の完成に向け、石狩データセンターの現地建設工事は順調に進んでいます。
今回は趣向を少し変え、空撮写真の比較をしてみたいと思います。


こちらは1年前に撮影した空からの写真です。当時は一面草と木に覆われていました。
建物工事はおろか、建築現場の作業所すらない状況です。


今年8月上旬に空から撮影した外観写真です。エントランス周りを除き、外壁・屋根工事がほぼ完了しており、建物としての形が出来上がっています。


外壁の塗装もだいぶ進んでおります。また建物周辺の敷地内道路も舗装工事が始まり、いよいよ完成が近いなと感じさせてくれます。

ご覧のように、建物自体はほぼ完成してきております。内装も順次工事が進められています。
今後、開所に向けて各種設備の最終調整や検査が行われ、データセンターとしての本格的な機能実装が進められていきます。

(設備担当「か」)

はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 livedoorクリップに追加

石狩データセンターの現地工事状況(その2)

石狩データセンターの現地建設工事状況につきまして、前回の記事掲載から間があいてしまい失礼いたしました。
5月以降の現地の様子を簡単に紹介させていただきます。

 

5月上旬の様子です。鉄骨が本格的に建ち始め、建物の形がわかるようになってきました。

引いてみると、こんな感じです。

 

5月下旬の様子です。引きで見ると、水平方向にどんどん建物が伸びているかのような変化があります。

1Fのとある部屋の様子です。床はある程度できていますが、壁などはまだできていません。

 

6月上旬の様子です。一気に鉄骨が建ち揃い、建物のボリュームがはっきりわかるようになりました。このあたり、週単位でどんどん形になっていく施工の速さには、ただただ驚いたものです。

1階の内部の様子です。天井が徐々に作られていっています。

 

6月下旬の建物全体の様子です。屋根や外壁が全体の4割程度まで施工されていっています。

1F建物内部のとある部屋の様子です。壁も作られ、部屋らしくなっています。

 

7月上旬の様子です。屋根、外壁がほぼ全域で施工完了しています。イメージイラストにかなり近づいてきました。

1F建物内部に、電気関係の盤が搬入設置されだしました。データセンターの心臓部ともいえる設備群です。

2Fの建物内部です。天井が貼られたら、このダクトはもう見ることができなくなります。

 

5月から6月、そして7月にかけて建物が一気に形づくられ、現地に行くたびに驚きの声をあげていました。スケール感に圧倒され、ただ鉄骨が建ってるだけなのに「凄いな…」と思わせる何かがありました。

(設備担当「か」)

はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 livedoorクリップに追加

「さくら石狩HVDCプロジェクト」都内DCでの実証実験結果について

5月10日に「HVDC(高電圧直流給電)システムの実証実験発表について」として本ブログ上で記事を記載させていただきましたが、5月から7月にかけて行った都内データセンターでの実証実験が終了し、当初の目標であった電源の総合効率90%以上を無事クリアできましたので、次の試験フェーズである石狩データセンターでの実証実験に進むことが決定しました。

▼さくらインターネット 都内データセンター HVDC検証システム

▼今回実験に利用した直流12Vサーバ機器

▼HVDC効率性の検証ポイント

今回の検証結果では都内データセンターのUPS給電方式での電源効率と比べた場合、HVDC方式は30~32%の効率改善が見込める結果となりました。
この結果から、石狩データセンターで導入する最新のUPS給電方式での電源効率と比べても20%程度の改善効率が予測(期待)できます。

あらためて記載しますが、今回のHVDC(高電圧直流給電)システムでは主に以下の項目に効果があげられると考えております。

・最大2割の消費電力を削減できる
・設備コストの削減(ケーブル設備の簡素化が可能)
・故障リスクの減少による信頼性の向上
・各種エネルギーの活用が将来的には可能となる
(太陽光や風水力等の自然エネルギーは、交流変換することなく直流のまま給電が可能である)

 →日本一の高効率(省エネ)サーバシステムの実現へ

なお、今回都内データセンターで利用したメーカー製サーバは1社1機種でしたが、石狩データセンターでの実証実験フェーズでは、複数のメーカにも賛同いただける予定となっておりますので、今後HVDC12Vシステムの普及に拍車がかかるものと期待しております。

石狩データセンターの本工事の構築に加えて、HVDCシステムの石狩データセンターでの実証実験の構築も引き続き頑張っていきたいと思います。

(石狩プロジェクト担当「うま」)

はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 livedoorクリップに追加

『CEDEC AWARDS』ネットワーク部門優秀賞を受賞


CESAが主催する国内最大級のゲーム開発者向けカンファレンス『CEDEC 2011』のイベントとして開催される『CEDEC AWARDS』のネットワーク部門において、世界最高水準のエネルギー効率を達成する石狩データセンターにおける省電力への取り組みを評価いただき、優秀賞を受賞し、最優秀賞へとノミネートされました。

▽CEDEC AWARDS ノミネーションリスト(優秀賞)
http://cedec.cesa.or.jp/2011/event/awards/index.html

最優秀賞の発表と授賞式は、9月7日(水)17:50より、パシフィコ横浜会議センター メインホールにて開催される予定です。

▽参照:プレスリリース
http://www.sakura.ad.jp/press/2011/0719_cedec.html

はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 livedoorクリップに追加

石狩データセンターの現地工事状況(その1)

石狩データセンターの現地建設工事状況につきまして、その様子を簡単に紹介させていただきます。

 

3/10の起工式の時点では、まだあたり一面雪景色でした。

 

その後、急ピッチで工事が進められ、3月末時点では基礎工事が大きく進んでいました。

 

4月に入っても基礎工事が順調に進みました。

 

そして4月後半には、一部で鉄骨が建て始まり、建物としての形が少しずつ見え始めてきました。

 

そして5月から6月にかけては想像を超えるスピードで工事が進み、担当である私も現場に行くたび毎回驚きの声をあげておりました。
そのあたりの様子は、次回更新にてお届けいたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。

(設備担当「か」)

はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 livedoorクリップに追加

日経NETWORKで石狩データセンターが紹介されました

雑誌「日経NETWORK 2011年6月号」の特集「災害に強いデータセンター」で、直流給電採用予定のデータセンターとして、石狩データセンターが紹介されました。

日経NETWORK 2011年6月号

●特集2 災害に強いデータセンター (P.48~55)
PART.1 物理インフラ
電源供給能力と建物の強度はデータセンターの要!
これから注目すべき直流給電
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/backno/NN0134.html

 

はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 livedoorクリップに追加

石狩データセンターの地震リスクについて

冒頭、今回の震災により被害を受けられた皆さま、ならびにご家族の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。

弊社の対応情報等は以下のページにまとめられておりますので、ご参照ください。
東日本大震災に関連した情報 | さくらインターネット

石狩データセンターにつきましては、震災の影響により資材・電材の不足も懸念されるなか、工期に遅れがでぬよう関係者一丸となって鋭意対応にあたっております。

 

さて、今回は石狩データセンターの地震リスクについて、ごくごく簡単にではありますが「地震発生リスク」「液状化リスク」「津波リスク」の3点について、 以下紹介させていただきます。

 

■ 地震発生のリスク

地震調査研究推進本部(地震ハザードステーションJ-SHIS)により、「今後30年間 震度6弱以上の揺れに見舞われる確率」の分布図が公表されており、石狩データセンター建設地は 0.1~3%と、非常に低い確率となっております。

 

■ 液状化のリスク

地盤調査及び詳細解析を大成建設様に実施いただき、液状化発生の程度は少なく、また仮に発生した場合でも沈下量は小さく範囲も部分的であるとの見解がでております。
石狩データセンターは二層構造となっており、高層ビルとは異なり建物自体の重量も比較的軽いため、深刻な沈下は発生しづらいといえます。
また万が一にも地盤沈下が発生した場合に備え、電源や通信の配管部分にも配慮しております。

 

■ 津波のリスク

北海道総務部危機対策局より、「津波シミュレーション及び被害想定調査業務(北海道日本海沿岸)報告書」が公表されております。
想定される6つの地震の建設地周辺での津波最大遡上高(陸上での最高到達点)に対し、建設地の地盤高はいずれも上回っております。
また過去の例からみましても、今回の東日本大震災はもとより1993年の北海道南西沖地震の場合でも最大の全振幅は70cm程度でありました。

 

以上3つの分析により、いずれもリスクは低いものであることがわかっております。
勿論今回の震災のように、想定したリスクを超える災害が発生することは誰にも否定できませんが、それでもお客様の大切なデータをお預かりするデータセンターの立地という点で、基本的なリスクが少ない土地であるということはご理解いただければ幸いでございます。

(設備担当「か」)

はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 livedoorクリップに追加