「第4回データセンター構築運用展」レポート1

こんにちは。広報担当の渋谷です。

先日、展示会「第4回データセンター構築運用展」で、当社代表 田中の講演と石狩データセンターのHVDC実証実験環境のライブ中継がありました。今回は、田中の講演についてレポートしたいと思います。

田中は、特別講演枠「データセンターの最先端と、未来が分かる!」で、「次世代データセンターのあるべき姿とは?~『石狩データセンター』の事例を元に~」をテーマに石狩データセンター運用開始後のお話を中心に約45分間講演しました。

会場は満席!立ち見が出るほどでした。

 

田中の講演の前に、同特別講演枠にて行われた東大 江崎先生の講演「データセンターを核にした戦略的成長戦略と戦術」を聴講しました。非常に興味深い内容でしたので、先に、江崎先生の講演のポイントを共有させていただきます。

●自信を持って世界へ情報発信
-データセンター立地リスクの国別ランキング※1によると日本は20カ国中19位と世界で2番目にリスクの高い(立地の悪い)国と評価されたが、東日本大震災後も、データセンターの被害報告はゼロ。日本のデータセンターの堅牢性、オペレーション力、高い技術力を自信を持って世界へ発信しよう!
-東日本大震災後も、インターネット上のサービスは継続され、人々のライフラインとなった。データセンター=社会基盤

●戦略的データセンターの利用
-実は、事業所で稼働しているサーバをデータセンターに移設することで消費電力を削減できるんです!データセンター=社会的省エネ基盤 ※2

<参考資料>
※1 野村総合研究所 調査レポート
※2 NTTビズリンクHP

 

つづいて、田中の講演についてもポイントを宣伝共有させていただきます。

●建設地決定から竣工までわずか1年7ヶ月!
新データセンター建設の計画は、2007年からスタートし数年間かけ検討を行った。石狩市にデータセンターの建設を決定してからは、すべてスピード感をもって開所に向け準備を進めた。

(石狩データセンターの開所まで)
2009年12月/石狩市を視察
2010年3月/石狩市にデータセンター建設を決定
2010年6月/建設計画発表
2010年10月/受電契約
2011年3月/着工
2011年10月/竣工
2011年11月/開所

●PUEは、1.1台を実証!
まだ、サーバ台数は少ないものの予測通りPUEは1.1台を実現。

講演資料「統合監視画面のスライド」

●大事なのはPUEだけじゃない!さらに省エネルギーを追求!
PUEも大切ですが、PUEの母数にあたる電力をさらに削減する取り組みとしてHVDC実証実験を進めている。現地での実証実験の結果、効率は91%(AC方式の場合70~80%)という数値が出ている。現時点では、実証実験だが本採用に向け実験を続けていきたい。先日、実証実験環境のコンテナ上部に太陽光パネルを設置(ニュースリリース)した。今後は、太陽光パネルとHVDCの親和性も検証を行っていく。

講演資料「HVDC実証実験環境(コンテナ)」

講演資料「HVDC実証実験環境の効果測定画面」

 

次回は、石狩データセンターのHVDC実証実験環境のライブ中継の様子をレポートします。お楽しみに!

 

はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 livedoorクリップに追加