「さくら石狩HVDCプロジェクト」石狩データセンターでの実証実験環境(コンテナ)完成!!

石狩データセンターが2011年11月15日に開所式を迎え無事オープンしましたが、建物のオープンと同じタイミングで、同敷地内にHVDC(高電圧直流給電)システムの実証実験環境(コンテナ)が完成しました。

開所式の模様は、当ブログにも後日詳細をご報告させていただきますが、一足先にHVDC(高電圧直流給電)システムのレポートをお届けします。

▼石狩データセンター HVDC実証実験環境(コンテナ外観)
HVDC実験用コンテナ

今回はサーバ搭載用ラック数が4ラック、約120台ものサーバを収容しており、都内データセンターでの実験環境に比べてはるかに大きな規模で構築しております。

▼石狩データセンター HVDC実証実験環境(コンテナ内部)
 HVDC実証実験環境(コンテナ内部)

消費電力の削減効果に関しては、すでに都内での実証実験の際に約3割削減できる数値が出ておりますので、今後はデータセンターとしてより実環境・実運用に近い状態で各種試験・測定を進めるとともに、季節に影響を受けずにサーバ機器類やサービスが安定稼働が出来るように、シーズンを通じて観察を進めていく予定です。

なお、今回は本システムでDC12V電源を利用しているということで、コンテナ内の照明にもDC12V対応のLEDを使用しており、サーバ機器類以外にも省エネ効果をはかっております。

▼DC12V電源によるLED(カラー)照明
DC12V電源によるLED(カラー)照明
※ラックのフレームにはこんなカラフルな照明もできました(笑)

すでにデータセンター関連事業者や各種メディア等には着目をいただいておりますが、今回のHVDCシステムの構築~運用のベースを本プロジェクトにおいて築き上げ、今後はデータセンター業界全体へHVDCシステムを広めていけるように邁進させていただきたいと思います。
(石狩プロジェクト担当「うま」)

はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 livedoorクリップに追加