石狩データセンターの地震リスクについて

冒頭、今回の震災により被害を受けられた皆さま、ならびにご家族の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。

弊社の対応情報等は以下のページにまとめられておりますので、ご参照ください。
東日本大震災に関連した情報 | さくらインターネット

石狩データセンターにつきましては、震災の影響により資材・電材の不足も懸念されるなか、工期に遅れがでぬよう関係者一丸となって鋭意対応にあたっております。

 

さて、今回は石狩データセンターの地震リスクについて、ごくごく簡単にではありますが「地震発生リスク」「液状化リスク」「津波リスク」の3点について、 以下紹介させていただきます。

 

■ 地震発生のリスク

地震調査研究推進本部(地震ハザードステーションJ-SHIS)により、「今後30年間 震度6弱以上の揺れに見舞われる確率」の分布図が公表されており、石狩データセンター建設地は 0.1~3%と、非常に低い確率となっております。

 

■ 液状化のリスク

地盤調査及び詳細解析を大成建設様に実施いただき、液状化発生の程度は少なく、また仮に発生した場合でも沈下量は小さく範囲も部分的であるとの見解がでております。
石狩データセンターは二層構造となっており、高層ビルとは異なり建物自体の重量も比較的軽いため、深刻な沈下は発生しづらいといえます。
また万が一にも地盤沈下が発生した場合に備え、電源や通信の配管部分にも配慮しております。

 

■ 津波のリスク

北海道総務部危機対策局より、「津波シミュレーション及び被害想定調査業務(北海道日本海沿岸)報告書」が公表されております。
想定される6つの地震の建設地周辺での津波最大遡上高(陸上での最高到達点)に対し、建設地の地盤高はいずれも上回っております。
また過去の例からみましても、今回の東日本大震災はもとより1993年の北海道南西沖地震の場合でも最大の全振幅は70cm程度でありました。

 

以上3つの分析により、いずれもリスクは低いものであることがわかっております。
勿論今回の震災のように、想定したリスクを超える災害が発生することは誰にも否定できませんが、それでもお客様の大切なデータをお預かりするデータセンターの立地という点で、基本的なリスクが少ない土地であるということはご理解いただければ幸いでございます。

(設備担当「か」)

はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 livedoorクリップに追加