2012年03月

石狩データセンター越冬状況

さくらインターネット石狩データセンターは、昨年11月の開所から初めての冬を迎えて、まもなく無事に乗り切ろうとしています。

幸い、厳冬期においても外気空調システムは大きな問題なく機能し、サーバ室は安定した温度状態を保っておりました。

ただ、今シーズンは積雪量が多かったこともあり、さすがにピーク時の建物周辺は石狩の厳しい冬をいやが上にも感じさせるものでした。
今回は、象徴的な写真をいくつかお見せいたします。

 

建物外周の一角から。まるで建物全体がこのまま雪に埋もれてしまうかのような積雪状況です。
(実際は埋まることはありませんでしたので念のため…)

正面エントランス頭上に、メートル級の大きな氷柱ができました。
これを想定してエントランスには庇が設けられており、想定通りの状況といえます。

それでもあまりに派手に氷柱が増えてしまったので、除雪業者に依頼して全て落としてもらいました。

3月に入り積雪も落ち着き、舗装路が見えてくるようになりました。

積雪が落ち着いてくると、春が近いなと感じられます。

 

開所後すぐに初めての冬ということで懸念材料もありましたが、冒頭の外気空調をはじめとして、特に大きな問題もなく無事にここまでデータセンターを運用出来ております。

外気状況が変わる春以降も、改めて各設備の稼働状況に細心の注意を払い、省エネルギー型データセンターとして安定した運用がなされるよう全力を尽くしていきます。

(設備担当「か」)

はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 livedoorクリップに追加

「さくら石狩HVDCプロジェクト」石狩データセンターでHVDC現地セミナー・見学会実施

昨年11月15日にオープンした石狩データセンターですが、久しぶりにHVDC(高電圧直流給電)+DC12V集中電源システムのブログ記事を投稿します。

石狩データセンター開所でお披露目して以降、おかげさまで色々着目を浴びておりますHVDCコンテナ実証実験ですが、このたびIT機器メーカやデータセンター関連の各企業様を集めて、現地石狩データセンターにてHVDCセミナー+見学会を2回開催させていただきました。

北海道の冬の厳しい気候の時期にもかかわらず、参加希望者が多数であったため、現地セミナールームのキャパシティの関係上、午前・午後の2回に分けて実施したり、一部の方には参加をお断りするなど、現地の対応は大変ではありましたが、おかげさまで大変好評に実施することが出来ました。

1回目は昨年12月上旬、2回目は今年2月中旬に実施いたしましたが、下記は2回目の模様を画像レポートしたいと思います。

セミナールームでの説明の様子

NTTデータ先端技術様より、HVDC+DC12V集中電源システムの技術仕様に関して詳細にご説明いただき、参加者の皆さまは大変熱心に聞き入っておられました。
また、本HVDCシステムの素晴らしさに感心されておりました。

HVDC屋外実証実験コンテナ見学の模様(コンテナ外部)

さすがに北海道の屋外という事で、コンテナ周囲にも雪が積もっておりますが、当初予想していたほどは積もっておりません。
今年は日本各地で例年より豪雪とのことですが、石狩に関しては風が強いおかげか、コンテナの上部にはほとんど雪が積もっておりませんでした。
当日は天気は良かったのですが、さすがに屋外に待機しているとかなり寒かったです!!

003_naibu

HVDC屋外実証実験コンテナ見学の模様(コンテナ内部)

サーバ機器類は24時間体制でのフル稼働を開始しており、安定的に総合効率90%を達成しておりました。
屋外は氷点下の気温でしたが、さすがにコンテナ内の温度は安定的に20℃近辺で送風しており、屋外と違って快適な状況で過ごせました(笑)

このような現地セミナー・見学会を実施することにより、参加いただいたIT機器メーカ各企業様から、いよいよ本格的にDC12Vサーバの開発に賛同・着手いただけるような意見もいただいております。
まだメーカ名は上げられませんが、すでに開発に着手いただいている企業様もいらっしゃいます。
HVDCプロジェクトを日々遂行するうえで、明らかにDC12Vサーバの普及に向けて、データセンター業界の風向きが変化して来ていることが感じられます。

昨年2011年3月11日の大震災以降、日本の電力供給事情に関しては先行きが分からない状況となっており、特にデータセンターを取り巻く環境としては「電力供給の安定」及び「電力コストの増加抑制」という2点が大きな課題となっております。これらは国際競争力という観点から海外のデータセンターとの差が広がる要因ともなっています。 そのような状況のなか、本プロジェクトの様な省エネルギー化に向けての取り組みをすすめていく意義は極めて大きく、また非常に重要であると認識しております。

前回のブログでも報告しておりますように、データセンター業界全体へHVDC+DC12V集中電源システムをさらに広めていけるように邁進させていただきたいと思います。

これからも現地HVDCセミナーを定期的に実施していきたいと思いますので、本ブログを閲覧いただいているIT業界関係者の方でセミナーを参加希望の方は、弊社・広報宣伝室まで、電子メールにて お問い合わせください。

【石狩データセンターに関する問い合わせ先】
さくらインターネット株式会社 広報宣伝室
press-ml@sakura.ad.jp

(石狩プロジェクト担当「うま」)

はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 livedoorクリップに追加